日本の最新治療であなたの病気もきっと治ります

近年増加している

透析中

自律神経失調症に気づくために

自律神経失調症の患者数は2000年のときにはおよそ64万人程度が、現在ではその数を上回る数になっているのではないかと思います。 また、自分が自律神経失調症だと気づかずにい医療機関を受診していない人の数を合わせると10倍くらいの患者数になるのではないかといわれ地ます。 自律神経は身体の働きを司っている大切な役割を持っているためこの病気を患うと、身体の様々な場所に影響が出ます。 初期の頃はめまいや頭痛や微熱などといった一見風邪のような症状が出るため気づきずらいのも特徴です。 気づかずに過ごして重症化してしまうケースも少なくありません。 身体に不調がある場合にはなるべく早く受診して検査を受けてください。 病気のことを知ることは予防にも繋がります。

ストレスに気をつける

自律神経失調症は何らかのストレスにより自律神経の働きが崩れてしまい体のあらゆる場所に不具合が生じてしまうストレスが原因の病気です。 多くの人はストレスと聞くと精神的なストレスを思い浮かべると思います。 しかし医学的にストレスは4つに分類されます。 まず一つ目は先ほどの精神的なストレスです。 嫌な事や不快なことで生まれるストレスです。 二つ目は構造的なストレスです。 構造的なストレスは身体のゆがみなどが原因で生まれるストレスです。 三つ目は科学的なストレスです。 栄養の偏りや食品添加物などによって生れるストレスです。 四つめは環境によるストレスです。 気温の変化などにより生まれるストレスです。 自律神経失調症にならないためには精神的なことのみに気を取られず、これら全てのストレスから身を守らなければなりません。