日本の最新治療であなたの病気もきっと治ります

睡眠中に

人工透析

無呼吸症候群がもたらす症状とは

近頃、無呼吸症候群に悩まされる方が増えています。この症状というのは、睡眠中に気道の空気が通りにくくなり、呼吸が一時的に止まる状態が繰り返される症状です。その特徴は、大きないびきのあとに急に呼吸が止まり、しばらく静かな状態が続きます。すると、また大きないびきが始まるという特徴があります。 無呼吸症候群になると、色々と日常に支障があります。一番大きな症状は、日中に強烈な眠気に襲われます。きちんと休めていないので、仕事中でも突然眠ってしまいます。 また、男性はインポテンツで悩まされるケースもあります。無呼吸で脳が起きている状態が長時間になることや、レム睡眠の不足によって、インポテンツが引き起こされます。

症状を予防するためには

無呼吸症候群を予防するには、いくつかのコツがあります。その1つが、睡眠中は仰向けではなく、横向きで寝ることです。仰向きで寝てしまうと、睡眠中に舌が喉に落ちやすくなります。それが原因で、舌が上気道をふさいで呼吸をしづらくしてしまいます。それを防ぐためには、横向きに寝ることが重要です。横向きで首を傾かせれば、舌が喉に入るのを防いで上気道に空気が通りやすくなります。 その他の予防方法は、鼻呼吸を習慣づけることです。そもそも睡眠時無呼吸症候群になる方は、口呼吸をしている場合が多いです。睡眠時に口呼吸を行うと口の中が乾きやすく、さらに気道が狭くなってしまいます。そのため、呼吸が妨げられるので、鼻呼吸を意識する必要があります。