日本の最新治療であなたの病気もきっと治ります

子供の場合

透析室

小児科の特徴と傾向とは

小さなお子さんがいる家庭では、小児科を利用したことがあるでしょう。 小児科は、乳児〜幼児といった小さな子供を専門とする場所です。 風邪を引いた時はもちろん、健康診断や予防接種も病院で行います。 そのため、病院を怖い所だという概念をさせないための工夫がされています。 待合室には、絵本やおもちゃが置かれて遊びスペースを用意されています。 また、診察室や診察台はキャラクターものがあしらわれ、子供心を掴む工夫もされています。 予防接種や健康診断の場合、公費で賄われることが多いため、実質無料で受けることができるのです。 また、その他に気になることや悩み相談などにも応じてくれるので、始めての育児でわからないことがあっても安心できます。

これまでの取り組みと現在の動向

今でこそ、小児科が増え確立してきていますが、少し前の時代だと小児科事態あまりありませんでした。 ですので、病気の時は大人と同じ病院で診てもらい、予防接種や健康診断は保健所や保健センターで集団接種をすることが当たり前でした。 そうなると、まだ小さい子供たちは、余計なウイルスや菌をもらい病気にかかることが多かったのです。 今では、小児科の中でも、風邪の患者と予防接種患者は時間をずらして受ける工夫をされている病院がほとんどです。 そうすることで、余計な菌をもらう心配が減り、待ち時間の縮小にもつながってくるのです。 数多くの小児科が存在する現在は、子供に合ったところや、親のニーズに合った所を見つけることが肝心になってくるのではないでしょうか。