日本の最新治療であなたの病気もきっと治ります

リウマチでも

医者

最新の治療方法の登場で、完治する可能性が高くなりました。

リウマチは約40%が遺伝性の病気であるといわれていますが、後の約60%は生活習慣の乱れやストレス・喫煙などが原因であるといわれています。また女性の場合には女性ホルモンの変化が原因による、関節リウマチが発症しやすいともいわれています。ところでリウマチは完治しにくい病気だといわれてきましたが、最新の治療方法の登場で早期にリウマチ治療を行えば完治する可能性が高くなりました。その治療方法とはまず患者さんのDNAを調べることで、その患者さんに最も適した最新の治療薬を割り出して治療を行っていきます。ちなみにDNA検査は健康保険適用外ですので、自己負担額が約10万円ほどかかります。一方、処方される最新の治療薬の価格は健康保険が適用されますので、年間で約50万円位の費用負担になります。

リウマチに効果のある最新の治療薬の特徴について。

ところで最近リウマチの最新の治療薬として登場したものが、MTXという治療薬です。この治療薬の特徴はステロイド剤やロキソニンなどの鎮痛作用のある薬に比べて、長期投与による全身内臓への負担や毛細血管の老化による動脈硬化、骨粗しょう症などの副作用が起こりにくいうえに、格段に治療効果が高いということです。しかしMTXを服用する際には、注意しなければいけない点もあります。それはMTXを服用する時は、葉酸が欠乏しないよう補給しなければいけないということです。葉酸が欠乏すると胃腸障害や肝機能障害を起こす確率が高くなり、また吐き気や口内炎などを起こす場合があります。そこで病院によってはMTXの投薬治療を行う前に、患者さんに葉酸を投与する所もあります。事前に葉酸を投与することで副作用の起こる可能性も低くなり、効果的なリウマチ治療を行うことができます。